その悩み、何が原因?1

その悩み、何が原因?1

バストの悩みで代表的なのは「小さい」「垂れる」「ハリがない」「形が悪い」。それではそれぞれの悩みの原因は何なのかを一緒に考えましょう。まずは「小さいバスト」でお悩みの方。

 

 

 

女性ホルモンの分泌が多いほど、乳腺が発達し、ほどよく脂肪もついたハリのあるバストが作られます。ですからバストが成長しなければいけない期間に女性ホルモンが不足してしまうと、バストの発達も遅れてしまいます。女性ホルモンは思春期から成人期にかけて分泌されます。

 

 

 

初潮が始まり月経の周期が安定した頃から、胸も次第に大きくなります。女性ホルモンがバランスを崩し分泌が少なくなる原因として挙げられるのは、激しいスポーツ、ストレス、激しいダイエットなどです。

 

豊胸手術に定評のある神戸の美容外科

 

続いて「垂れたバスト」でお悩みの方。バストが垂れる原因は、バストを支えている筋肉が弱まってたるむことと、加齢や授乳を経て皮膚がハリをなくしたるんでしまうことです。バストの容量は180cc〜320と結構重いのです。