豊胸手術後のタブー

豊胸手術後のタブー

豊胸手術後はいくつかの我慢しなければならないことがあります。
まずは翌日まで上半身部分のシャワー禁止。
感染症や切開した部分を保護するためにも絶対にさけたやめたほうがいいでしょう。

 

神戸でワキガを解消!

 

次にお酒は一カ月以上飲めません。
術後は痛み止めなどの薬を処方されるため薬とお酒の併用はよくありません。

 

 

 

タバコも一カ月以上控えたほうがいいでしょう。
食事やサプリメントによって接種した体に必要なビタミンなどの栄養素をタバコを吸うことによって体に取り込むことが出来なくなるので、切開部分の治りも遅くなるし、シリコンバッグが定着するのにも普通以上に時間がかかるようになります。

 

 

 

最後に出来るだけ豊胸手術をする際は出産後・授乳が必要なくなった時にすることをおすすめします。
豊胸手術のさいに乳腺を傷つけないよう手術すれば豊胸手術をうけたおっぱいでも授乳可能ですが、豊胸手術をうけたあとに出産した人でもっとも多いのはちゃんとした母乳が出ているのか、バッグの中のものがまじっていないかなど不安になることも多く、また授乳を終えると垂れさがって皮膚が伸びているのにシリコンバッグが入っている部分だけふくらんでいて異様なかたちになります。

 

 

 

夫・身内に内緒にしているかた、絶対にばれます。また自分のおっぱいをみるたびに手術前以上に嫌になることでしょう。
なので大金を払って豊胸手術を受けるなら出産後・授乳を終えた授乳の可能性がない時に受けることをおすすめします。