豊胸手術による後遺症

豊胸手術による後遺症

話題の自分の脂肪を注入しバストアップをするという方法があります。
これを聞くといっけん自分の脂肪を移動させるだけなので安全な感じがしますが、じつは後遺症が残ってしまうケースがよくあるあまりおススメ出来ないバストアップ法なのです。
自分の脂肪を使うのでアレルギー反応を起こすことしたり、拒否反応を起こすことはありません。

 

 

 

また注入する際には注射器を使うので感染症などのリスクもほとんどありません。
ではどのような後遺症が残るのかというと・・・
自分の脂肪どうしなのに脂肪と脂肪が上手くくっつかず、また上手くくっついたとしてもくっつく量というのが非常に少ないことにより、くっつかなかった脂肪が溶けて排出されるはずなのに他の部分からもってきて注入した脂肪の場合は排出出来ずシコリとなってしまうのです。

 

 

 

このシコリは乳がんと見分けがつかず、陽性判定が難しいためもし乳がんだった場合には発見がおくれて命の危険がともなったり、理想のバストを手に入れるはずが乳がんで全摘出ということもあります。

 

 

 

バストアップにはそれなりのお金もかかるのでお金をかけたのに一瞬でバストアップの夢が壊れることのないように、医師にカウンセリングを受ける際にアフターケアについてもよくきき知識をつけたほうがいいでしょう。

 

 

 

脂肪注入バストアップだけでなく美容整形には失敗や後遺症が残ることが多く、死亡例も多々あります。
本当に自分にとって外見を変えることが必要かよく考えたうえで美容整形を受けてください。