胸を支えてくれる大胸筋

胸を支えてくれる大胸筋

女性なら誰しも大きくて形の整った美しいバストに憧れるものですよね。バストアップのために、エクササイズやマッサージ、バランスの取れた食生活、規則的な生活習慣などなど、色んな方法を試して、いざ胸が大きくなってきたところで、胸は大きくなったけれど、垂れ下がってしまったら、これはもう大ショックなのではないでしょうか。

 

 

 

バストの大きさを決める乳房は、90%の脂肪と10%の乳腺がほとんどを占めていますが、乳腺と脂肪だけが発達して大きくなっても、まわりの筋肉が追いついてこなければ、その重みを支えきれなくなってしまい、垂れ下がってしまうんです。

 

 

 

バストが大きくなるということは、乳房が重くなる、ということになりますから、その重くなった乳房を支えてくれる大胸筋もしっかり強化してあげる必要があります。

 

 

 

大胸筋を鍛えるというと、真っ先に思い浮かぶのは腕立て伏せではないでしょうか。腕立て伏せは、「いーち」と腕を曲げたところで、バストの重みではなく、自分の重みでぺしゃんとつぶれてしまいそうです。

 

https://tattoo-kobe.jp/

 

また、大胸筋の鍛えすぎはバストアップの妨げにもつながります。というのは、大胸筋を鍛えすぎると、胸の辺りの脂肪までもが筋肉と化してしまうからです。

 

 

 

腕立て伏せほど大変ではなく、かつ、鍛えすぎずに鍛えるという無茶難題に答えてくれるエクササイズがいくつかあります。代表的なのは「合掌エクササイズ」です。

 

それ以外にも壁に向かってする腕立て伏せや、ひざを立てする腕立て伏せなどがあるようです。さあ、大胸筋をほどよく鍛えて、大きくしたバストをしっかり支えるようにしましょう。